未分類」カテゴリーアーカイブ

ブロックチェーンについて補足

依然の記事でさらっと触れてそのままにしてた「ブロックチェーン」

既存の技術や習慣が陳腐化する

今日はもう少しわかりやすく解説しようと思います。

仮想通貨はその数実に1500種類もあります。Bitcoinやイーサリアム、リップルなど有名なコインは有名ですけど、それ以外にも知られていないかなりの数コインが存在します。いわゆる草コインと呼ばれているものです。

しかしこの草コインも侮るなかれです!
中には突如として千倍、万倍なんて跳ね上がる事があります。。。

ちょっと脇道にそれましたが、草コインについてはまた後日

で、ブロックチェーンですが、ようは仮想通貨の信頼度の為の技術です。つまりは信頼を担保してると言っていいと思います。

では、そもそもブロックチェーンとはどういうことなのかというと、分散型手帳とか、分散型ネットワークっていう別名の通り、

取引履歴を一括で監視するのではなく、分散して監視する事で、取引の正当性を担保してるシステムの事なのです。この取引履歴をトランザクションって言い方をします。聞いたことがある方も多いと思います。

以前の記事でもご紹介しましたが、この仕組み自体をPeer to Peer(P2P)って言い方をするみたいで、第三者を介在しなくてもユーザー同士で取引をすることができるようになるものです。

分かりやすくいえば、他の誰かにお金を送る時は銀行からその人の口座に送金しますよね、ネット決済はクレジットカードを使うことがあると思いますが、その際はカード会社を介して行います。

こういったものと仮想通貨も同じ仕組みではあります。

ではビットコインが有名なので、ビットコインを使って仕組みを説明してみようと思います。

仕組みに関してですけど例を出すと、
「誰か」に10BTC(BTC=ビットコイン)の取引を投げたとします。

そうすると、ノード(コンピューターやプログラムの事)が過去のブロックとの整合性を確認してくれて、いくつかの取引をまとめてセットにして承認をしてくれます。

もし、万が一過去の取引データが改ざんされていたとしたらハッシュ値が変わることになるので新しくブロックの承認がされるときに不正を見つけて排除してくれるようになります。

こういった感じに分散型でネットで繋がってるノードが協力してブロックチェーンを作ってるので常に新しいデータだけが共有されていくことになります。

この作業はブロックごとに誰が承認するのかを合意形成のアルゴリズムによって決定されているわけです。

ですので誰もが監視でき、データの改ざんも容易に確認でき、誰でもが使える台帳って事です。このブロックチェーンのおかげで仮想通貨は安全に使用できるようになっているわけですね。

そして今やブロックチェンは仮想通貨の世界に留まらず様々な分野で採用されており、銀行やヘッジファンド、さらには選挙の投票や教育分野にも使われだしています。これからのデジタル社会の根幹とも言われる技術革新がすでに始まっているのです。

 

 

仮想通貨の取引所はどこがいいのか?

仮想通貨の取引を行う際に、どの会社を使うのがいいかのか?

これは誰しもが一番最初に思うことでは無いでしょうか。

この市場は株式やFXに比べると、まだまだ新興業界なので、引所のシステムが整いきっていなくて、アービトラージ(裁定取引)を行う余地が十分にあるのも魅力的ですが、、、

まあ、整いきっていないからこそコインチェックやつい先日のビットポイントみたいな流出事件も日本では多々発生してしまったので、慎重には慎重を期して選ばないとです。

仮想通貨の取引所はビットフライヤーやZaifが有名ですが、他にもあります。それぞれ手数料や取り扱い銘柄が異なりますし、当然ながらセキュリティ体制も異なるので、取引所選びはかなり大事ですね。

と、知ったような口をききましたが、僕もまだまだ勉強中。足元をすくわれないように、謙虚に学んでいく姿勢を忘れないようにしたいです。

ここで有名ところの取引所の比較したいと思います。
まずは取引手数料とも言えるスプレッドの比較です。

会社によって取引所、販売所と2つで取引できるところがありますが、販売所はこの販売所と取引をします。一方取引所は個人同士の取引で間にそれぞれの会社が入り取引をするって事ですね。

一般的に販売所の方が取引所よりスプレッドが高くなりますが注文は確実に通りますが、対して取引所はスプレッドは低いですが注文が通らないデメリットがあります。

そこで有名どころの会社のスプレッドを比較してみました。
参考までに2019年7月23日お昼ごろのスプレッドです。

ビットコイン イーサリアム リップル
GMOコイン(取引所) 0.05%(500円程) 0.8%(200円程) 0.8%(0,3円程)
GMOコイン(販売所) 3%程(2,5000円位) 6.5%程(1,800円位) 8%程(4円位)
DMM bitcoin(取引所) 0,1%程(1,000円位) 1%程(240円位) 1%程(0,4円位)
DMM bitcoin(販売所) 3%程(3,3000円位) 3%程(700円位) 5%程(1.8円程)
bitFlyer(取引所) 0.09%程(900円位) 取扱なし 取扱なし
bitFlyer(販売所) 5%程(5,5000円位) 7%程(1,700円位) 取扱なし
Bitbank(取引所) ​0.018%程(90円位) ​0.003%(15円程) 0.009%(1円位)

こうやって比較してみると一目瞭然でBitbankのスプレッドが低いですね。しかしBitbankはスプレッドの他に取引手数料がコインによって変わってきますが0.15%程かかるのが味噌です。

実質ビットコイン、イーサリアム、リップルでもGMOの取引所が低くくなっています。GMOコインでしたら取引手数料も無料ですのでスプレッドを考えれば、取引にはGMOが有利ですね。

ちなみに最初に買うのはやはり定番のビットコインにしたいと思っています。Satoshiという単位があるのが面白いですよね。ちなみに1Satoshi=0.00000001BTC これがビットコインの最小単位になるそうです。

さてさて何Satoshi買えるのか、そしていつか1BTCを手にする日は来るのでしょうか・・・。

コイン流失事件が相次いでいる日本の取引所ですので慎重になってますが、こういうのはある程度の金額を投資して飛び込んでみるのが一番学びが多いとも言いますし、最初は勉強料を払う気持ちで買ってみるのが良い気もしますね。

既存の技術や習慣が陳腐化する

仮想通貨の世界でも専門用語ってたくさんありますよね。

例えばマイニングとかアルトコイン、コールドウォレットにソフトフォークなどなど。普通の投資なんかでは使わない独特の言葉が並びます。

そこで今回は「ブロックチェーン」について調べてみましたので、私のようにこれから仮想通貨取引を行おうと思っている方の参考になればと思います。

ではでは、

もともとブロックチェーンなる単語は、仮想通貨「ビットコイン」の基幹技術として生まれたものです。

分散型台帳技術とも呼ばれるものですが、要するに取引の履歴を分散して管理する技術なのです。

例えば誰かがBitcoinを売って、誰かが買ったとします。これらのコインの取引履歴をまとめたものをブロックと呼び、さらに複数の取引履歴を共有して保存、それらのの取引がどんどん、連鎖のようにつながっていく(チェーン)事でブロックチェーンと呼ばれるんだそうです。

なるほどですね!そして一番重要なのが、これらの取引履歴を誰でもがいつでも確認できるという透明性が重要な特徴ですね。

また取引記録の台帳データが特定のサーバー上などにまとめて保存されている従来のシステムでは、そのサーバーに不具合が生じたり、悪意ある攻撃を受けて改ざんされる危険性があったりしました。

しかし、ブロックチェーンではそのデータが分散されてユーザー同士で管理されているので、どこか一つのコンピュータ上のデータが破壊あるいは改ざんされても、他のコンピュータにあるデータを参照して正しいデータの確認ができるのです。

これを、またもや仮想通貨用語で言う所のP2P方式と呼ばれるそうです。

第三者機関、例えば銀行などを通しての取引の有効性を確認する必要がなくなるので、買い手と売り手が直接的に取引を行うこともできるようになります。

こうしたメリットから、ブロックチェーンは仮想通貨業界に留まらず、革新的な技術として様々な分野での活用も期待されています。

先程も述べたように非常に高い透明性なシステムでデータの改善が難しい事。
そして運用やシステム構築が割安で、例えば今の銀行やクレジットカード会社の決済システムをブロックチェーンにすると10分の1に抑えられると言われています。

第三者機関を通さなかったり、サーバを利用しなくても記録を残せたりと、コスト面のメリットも期待できるので、今後どんどん導入が進められる技術なのではないでしょうか。

既存の技術や習慣が陳腐化するのも間もなくですね。

そもそも仮想通貨?暗号資産?

仮想通貨に魅せられてTです!

そういえば呼び名も仮想通貨から暗号資産へと、お上の鶴の一声で変更になるとか、ならないとか。

そもそもG20や諸外国では暗号資産と呼ばれているうそうですが、外圧に弱く長いものには巻かれる日本人的な考え方ですね。仮想通貨でいいのに!!

さてさて、ここのところ仮想通貨のニュースを聞かない日ってあまり無い気がします。そのくらい世間でも盛り上がっていますね!

ただ気になるのはその盛り上がり方…「億り人すげー!」となりつつも、またすぐ暴落とか、仮想通貨の取引所のセキュリティーの問題からなくなったとか…そういう話が多いのも確かですよね?

実際のところ、仮想通貨ってどうなんだろう?

儲かってる人はすごい儲かってる(億り人)。けど、暴落して損したってニュースとかサイトへの掲示板の書き込みとかツイッターは後を絶えない気がする。

なんかこう冷静に分析できない空気になっているというか、すごくフラットに色々教えてくれる先生みたいな人いないかな…とか考えてます。

1から我流・独学でやっていくことに、ものすごく不安を感じるんですよね。ブロックチェーンってなに?ハードウォレットって?とか。。。

専門用語もとても多くないですか?仮想通貨って。例えばコインの種類です、ビットコインやイーナム、ネム、イーサリアム…とかとか。メジャーなものは覚えられますが、それ以外のマイナーな仮想通貨までとてもじゃないけど覚えられないです。

もちろん投資の一種なんで、ある程度のリスクを伴うことは承知の上なんですが、やっぱりそのリスクは最小限に減らしたいわけで・・・となると、頑張って知識と経験を増やすしかないかなー。