既存の技術や習慣が陳腐化する

仮想通貨の世界でも専門用語ってたくさんありますよね。

例えばマイニングとかアルトコイン、コールドウォレットにソフトフォークなどなど。普通の投資なんかでは使わない独特の言葉が並びます。

そこで今回は「ブロックチェーン」について調べてみましたので、私のようにこれから仮想通貨取引を行おうと思っている方の参考になればと思います。

ではでは、

もともとブロックチェーンなる単語は、仮想通貨「ビットコイン」の基幹技術として生まれたものです。

分散型台帳技術とも呼ばれるものですが、要するに取引の履歴を分散して管理する技術なのです。

例えば誰かがBitcoinを売って、誰かが買ったとします。これらのコインの取引履歴をまとめたものをブロックと呼び、さらに複数の取引履歴を共有して保存、それらのの取引がどんどん、連鎖のようにつながっていく(チェーン)事でブロックチェーンと呼ばれるんだそうです。

なるほどですね!そして一番重要なのが、これらの取引履歴を誰でもがいつでも確認できるという透明性が重要な特徴ですね。

また取引記録の台帳データが特定のサーバー上などにまとめて保存されている従来のシステムでは、そのサーバーに不具合が生じたり、悪意ある攻撃を受けて改ざんされる危険性があったりしました。

しかし、ブロックチェーンではそのデータが分散されてユーザー同士で管理されているので、どこか一つのコンピュータ上のデータが破壊あるいは改ざんされても、他のコンピュータにあるデータを参照して正しいデータの確認ができるのです。

これを、またもや仮想通貨用語で言う所のP2P方式と呼ばれるそうです。

第三者機関、例えば銀行などを通しての取引の有効性を確認する必要がなくなるので、買い手と売り手が直接的に取引を行うこともできるようになります。

こうしたメリットから、ブロックチェーンは仮想通貨業界に留まらず、革新的な技術として様々な分野での活用も期待されています。

先程も述べたように非常に高い透明性なシステムでデータの改善が難しい事。
そして運用やシステム構築が割安で、例えば今の銀行やクレジットカード会社の決済システムをブロックチェーンにすると10分の1に抑えられると言われています。

第三者機関を通さなかったり、サーバを利用しなくても記録を残せたりと、コスト面のメリットも期待できるので、今後どんどん導入が進められる技術なのではないでしょうか。

既存の技術や習慣が陳腐化するのも間もなくですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です